プロミスの
審査に通るために

プロミスの審査に落ちた原因は?

 現金が必要な場合、融資をしてもらうためにプロミスなどで審査をしますが、誰でも審査に受かるわけではなく、中にはプロミス審査落ちたという人もいたりします。 実際に大手のプロミス審査落ちた人がいますし、審査の基準というものもありますので、基準を満たしていなかったら、審査に受かることはありません。

ちなみにプロミスで融資を受ける際の審査の基準というものがあり、年齢が20才から69才までの方で安定した収入がある人。 また、その他に借入をしているかどうかや、今までに支払いなどで遅延をしたことがあるかどうかなども審査の基準になってきます。 今まで審査で落ちてしまった人は、こういった基準を満たしていないからプロミス審査落ちたのだと思います。 十分な収入があったとしても、年齢の条件にあてはまっていたとしても、プロミス審査落ちた人はいますし、何が原因で審査が通らなかったのかなどを会社の人に聞いても教えてはくれません。

ですので、審査に落ちないためには、不安要素などをしっかりと整理しておく必要があります。 過去に遅延があった人の場合には、そういった情報は過去5年間は残ってしまうので、まず審査が通るのは厳しいかと思います。 プロミス審査に落ちてしまうと、その履歴というのが残ってしまうので、今後、また審査をする際には不利になってしまう可能性もあります。 履歴に残らないためにも審査に落ちることがないようにするのが大切になってくるでしょう。 プロミス審査落ちた人の中には、全く検討がつかないという人もいます。 しかし、何かがキッカケとなって審査が通らなかったのは事実ですので、一度、見直す必要があるかと思います。 もしかすると同姓同名の人が遅延をして、間違われた可能性もありますので、一度、担当者に相談をしてみるのも良いかもしれません。

そして、審査の際に色々と質問があるかと思いますが、仮に他社で借り入れをしているのにも関わらず、借り入れはないとウソをつくのは良くありません。 情報というのは他社とも連携をしているので、すぐに知られてしまいます。 ウソを言ってしまうと信用度が落ちてしまいますし、本当のことを伝えることが大切になってきます。 過去にプロミス審査落ちた人の中には、こういったことが原因となって落ちてしまった人が数え切れないほどたくさんいますので、落ちないようにするためにも気をつけましょう。