運転資金借入

運転資金借入おすすめ第1位

トップページ > 佐賀県 > 有田町 > 銀行審査通らない方へ

「銀行審査通らない!」
「急ぎで運転資金が必要!」
「資金ショート対策に!」


と緊急で運転資金が必要な方に!

当サイトでは、佐賀県有田町にお住まいの事業者の方に、今一番選ばれている人気のビジネスローンを紹介しています。

まず最初に、緊急で借りれる借入先を比較・調査した上での結論をお伝えします。

一番おすすめなのは「ビジネクスト」です!

今、ビジネクストが多くの事業者に選ばれている理由は次の6つです!

  • 最短即日のスピード審査可能
  • 審査通過後の翌日融資OK
  • 担保・保証人が不要
  • 限度額は最大500万円までOK
  • 24時間入出金が可能で便利
  • スマホ・WEB申込で手続きが簡単

と大変便利で活用しやすい運転資金借入サービスとなっています。

「手持ち資金の残りが心許ない!」

「つなぎであと少し資金が必要!」

「支払期日が迫っている!」

というビジネスの窮地にしっかりと対応してくれます。

「他の銀行や信用金庫に融資を断られた」という方でもひとまず申し込みしてみることで融資可能かどうか審査してくれます。

保証人なしで担保もいらない上に、無利息キャンペーンなども行われていますのでぜひチェックして下さい。

借入限度額に関しても50万円~500万円までと大きく、申し込みから融資まで来店不要という点も全国の事業者に選ばれている理由です。

\審査に自信がない方におすすめ/
今選ばれているビジネスローン

無担保・無保証で借入できる!
評価限度額金利
★★★★★1~1000万円8.0%~18.0%
  • 来店不要で便利!
  • 使用用途は事業資金の範囲内で自由に使える!

【スピード診断あり!確実に審査通過したい人に】
ビジネクストは簡易審査があるので「審査が不安」と言う方はお試しで診断することが可能です。実際の申込の流れは、スマホやパソコンから申込後、担当者より仮審査の連絡後、必要書類を提出して本審査があり審査に通れば契約してお金を借りるという流れになります。借入・返済も銀行やコンビニATMからできるため利便性が高く使いやすいのが特徴です。


最短即日のスピード審査が魅力
評価限度額実質年率
★★★★☆50万円~500万円6.0%~17.8%
  • 担保・保証人が不要!
  • 申込から融資まで来店不要
  • スマホ申込で簡単手続き

【さまざまな資金ニーズに対応】
運転資金、急な資金不足への備え、つなぎ資金、など、幅広く使えます。

【来店不要!】
お手持ちのスマホやパソコンからお申込ができます。ローンカード発行手数料も無料でコンビニATMから入出金ができるのでとても便利!スピーディな融資を望むお忙しい事業主の方に特におすすめです。

運転資金借入まとめ

結論!全国で無数にあるビジネスローンを徹底的に比較・検討した結果、当サイトでの一番のおすすめは、
ビジネクストとなりました!業者としての信頼性はもちろん、スピーディな融資対応とコンビニATMの利用や来店不要など便利で使いやすいのが最大の魅力です。急ぎの運転資金借入を検討している方はココに決めて正解です。

佐賀県有田町の方向け運転資金借入Q&A

「銀行で事業資金融資断られた!」
「運転資金が足りない!」
「急ぎで追加融資を検討中」

・・・というビジネスのピンチにとても助かる運転資金借入ですが、初めて利用するので勝手がわからないという方や審査に通るかどうか不安という方もあるでしょう。

こちらでよくある質問と答えをご紹介しておりますので是非参考にしてくださいね。

Q.比較について。運転資金借入どこがいいのか迷います。どこを見て比較すればいいですか?

A.金利と信頼度と利便性に注目しましょう。

「金利がとても低いらしい。」「甘い審査ですぐ通るらしい。」「今日今すぐお金借りれるらしい!」と、目先のことだけで業者選びをしてしまうと悪徳業者に引っかかってしまう心配もあります。運転資金借入業界には信頼のおける優良業者も多数ありますが、ブラックまがいの悪徳業者も潜んでいます。金利はなるべく安いほうが返済の時に良いですが、返済がコンビニATMでできたり担保や保証人なしなどの利便性も重要です。また、急ぎで借りたいという場合も多いでしょうからスピーディに借りれるかどうかという点も抑えておきたいですね。当サイトでの人気ナンバーワンの
ビジネクストは金利・信頼度・利便性とスピード融資どれも兼ね備えていますので、おすすめできると思いますよ。

Q.運転資金借入申込に必要な書類は?

A.法人か個人かにより必要書類は少し違いがあります。詳しくは・・・。

例えばビジネクストの場合を例にみてみると、法人と個人事業主とで用意するものが違うようです。公式サイトから少し引用してみますと、

●法人のお客様
・代表者の本人確認書類
・登記事項証明書(履歴事項全部証明書)発行後3ヶ月以内のもの
・印鑑証明書(法人・個人のもの) 発行後3ヵ月以内のもの
・決算書(原則直近2期分)等

●個人事業主のお客様
・事業主本人確認書類
・印鑑証明書(個人のもの) 発行後3ヵ月以内のもの
・確定申告書(原則直近2年分)
・当社所定の借入計画書 等

と、このようになっております。参考にしてくださいね。

Q.運転資金の借入で即日融資は可能ですか?

A.一番人気のビジネクストなら・・・。

個人差はありますが、当サイト一番人気のビジネクストであれば、審査は最短即日、融資は審査通過後翌日には可能とのことです。業界でも最短レベルのスピード融資です。本当に困っているのでできるだけ審査時間が早いところで借入したいという方も多いことでしょう。もしお急ぎなら
ビジネクストをおすすめします。

Q.担保なしで借りれる運転資金借入や事業者ローンがあると聞きました。なぜ担保なしで借りれるのですか?

A.銀行系ではなくノンバンク系で無担保融資を実施している業者が多いようです。

確かに当サイトでも人気の運転資金借入業者「ビジネクスト」「ビジネクスト」でも無担保融資を実施しています。 いずれもノンバンク系の運転資金借入で、他の第三者の保証人を立てる必要はありません。なぜ担保なしで借りれるのか・・・というご質問ですが、こちらは事業主個人の信用と金利の高さに関係があると思われます。個人向けカードローンと同率くらいの金利はかかりますのでできるだけ短期返済をするようにしましょう。

佐賀県有田町の借り入れはこちら

株式会社佐賀共栄銀行有田支店
〒844-0018 0955-42-5111
佐賀県有田町本町丙1066
株式会社佐賀銀行/有田支店
〒844-0005 0955-42-2211
佐賀県有田町幸平2丁目1-5
株式会社佐賀銀行/有田駅前支店
〒844-0018 0955-42-4131
佐賀県有田町本町丙972-3
株式会社佐賀銀行/有田駅前支店/西有田出張所
〒849-4153 0955-46-3601
佐賀県有田町立部乙2162-7
株式会社長崎銀行有田支店
〒844-0018 0955-42-4104
佐賀県有田町本町丙930-4
伊万里信用金庫/西有田支店
〒849-4153 0955-46-4711
佐賀県有田町立部乙2178-2
伊万里信用金庫/有田支店
〒844-0018 0955-42-3104
佐賀県有田町本町丙1069-1

運転資金借入の基礎知識コラム

よくCMや街角などで多く見かけるアコムですが基本的にCMでは消費者向けしか宣伝していません。

実は、ビジネスローンも行なっているのを知っていますか?アコムのローンは他の多くのノンバンク系のローンと違い対象を法人ではなく個人事業主にしています。

そのため、多くのローンではご利用金額上限が500万~1000万くらいなのに対しアコムのローンは最高で300万までと融資上限が設定されています。

他にも大きな違いとしては、最初の審査に通っていれば限度額まで消費者受けカードローンと同じように何度でも利用できることです。

また、審査期間も多くのビジネスローンでは翌日以降なのに対し即日可能になっています設備投資をしたいけど予算がない、来月の仕入れが厳しい、そんなときに利用を考えるのがビジネスローンです。

ビジネスローンには色々なメリットがあります。

例えば、担保や保証人が原則不要なこと、総量規制の対象外ということや銀行での融資と比べると時間がかからないことなどです。

また、ビジネスローンエール500のように多くの事業者向けローン会社では新規開店などの場合でも事業計画所提出で申し込み・審査ができるので実績がないことを理由に銀行融資を断られた場合の選択肢になると思います。

新規開業時にも対応してくれるので会社の業績が浅い場合にも審査してくれます。

ビジネスローンで設備投資などの資金集めをしようと考えている方、どのローンを使おうと思っていますか?ジャパンネット銀行のローンを活用するのはいかがでしょう。

このローンの長所として、ご利用限度額の範囲内なら何度でも借りることができるという点があります。

他のローンでは、追加で借入する際には毎回、審査が必要になるのですがこのローンでは不要です。

申し込み・審査もネットで完結するので店舗へ行かなくていいのも楽ですね。

しかし、申し込むには1つ満たしていなければいけない条件があります。

それは、Yahoo!ショッピングへの出店歴があるかという内容です。

そのため、Yahoo!ショッピングやあヤフオクへ出店している人にオススメのローンです。

経営者の方の中には、うまく会社が回らなくて赤字決算になってしまった、なってしまいそうなのでビジネスローンで資金調達を考えている方もいるのではないでしょうか。

そこで気になるのが赤字決算でも審査に通るのかということです。

ローン審査の仕組みでは利益が出ている企業の場合その利益から毎月の返済ができると判断され融資額が決定されるのですが赤字の場合判断材料の利益がないので当然審査に通りにくくなります。

しかし、赤字決算でも審査に通る可能性があるケースもあります。

例を挙げると、減価償却費による赤字や特別損失による赤字、他には十分な担保がある場合や決算書提出不要のローンの場合です。

日頃、TVを見ていると、ビジネスローンのビジネクストというようなキャッチコピーをよく見たり聞いたりすることが多いです。

こういったキャッチコピーは印象に残りますよね。

同じ意味で捉えている人が多い言葉でキャッチフレーズという言葉がありますがキャッチコピーとはどのような違いがあるのでしょうか。

辞書を使って調べてみたところ、人の心に訴えかける言葉という意味ではほとんど同じものと考えても良さそうですが厳密にはその言葉が使われる目的による違いがあるようです。

キャッチコピーは商品などを宣伝するためだけに限定されたもの、キャッチフレーズは自己紹介でのPRなど宣伝以外の幅広いものを含む場合に使われるそうです。

近年、フリーランスや起業したばかりの会社など大企業に比べて規模の小さいスモールビジネスを行う会社が増えています。

市場におけるスモールビジネスの割合は高いですがやはり資金面で悩む会社も多いようです。

実際に2009年から2014年にかけて中小企業は39万社も減っており、特に多いのが小規模事業者のようです。

こういった規模の会社の場合、翌月の仕入れができない、など短期間での融資のニーズ出てきます。

そのニーズに応えるのがbusinextなどのビジネスローンです。

選ばれている理由を調べてみると担保が原則不要といったことや銀行融資に比べ書類の提出から融資までに時間がかからない点があるようです。

インターネットを見ているとこんな質問を見かけました。

それは「ビジネスローンの審査は甘い」という噂です。

結論から言うと、そんなわけありません。

審査の厳しさは基本的には金利を見ると厳しさがわかりやすいです。

例えば、よくイメージする銀行融資など低金利での貸付になるほど厳しく、一般的にイメージする銀行融資の場合、例えば、銀行融資では必ず経営計画書を提出しなければいけませんがノンバンク系のローンでは本人確認書類と決算書のみでOKというローンもあります。

事業計画書だけではなく他にも提出した様々な書類から多角的に精査されます。

ノンバンク系ローンでは早い会社では即日融資と早さが違います。

中小企業における設備投資など短期的に融資が必要なときに利用を検討するのがビジネスローンですがそもそもビジネスローンとはどういったものなのでしょうか。

一般的なキャッシングは個人(消費者)を対象にしており、利用目的は基本的に自由ですが事業目的の利用はできません。

一方でビジネスローンは事業家の方だけを対象にしたものになります。

事業目的の融資と聞くと銀行をイメージする方も多いと思いますが資金が必要なタイミングまで時間がない方にはノンバンク系の金融機関をお勧めします。

ノンバンク系の多くのビジネスローンでは担保が原則不要となり即日融資が行われるところもあるくらい対応が早いです。

個人事業主、自営業者の方にとって新規事業立ち上げなどの事業のための資金調達は経営上非常に重要な要素となります。

現状、個人事業主は法人と比べ資金調達方法の選択肢が限られています。

例えば、法人の場合では、日本政策金融金庫からの貸付や銀行融資など経営状況によって色々な選択肢がありますが個人事業主では日本政策金融公庫や銀行融資は審査に通らず融資されない可能性が高くなっています。

そういったときの資金集めの方法としてアプラスをはじめとしたビジネスローンの利用を検討しましょう。

ビジネスローンごとに金利など細かい条件は違うので自分にあったローンを選びましょう。

何かしらの手続きをする際に必要なものといえば何をイメージしますか?ほとんどの方は提出する書類を思い浮かべるのではないでしょうか。

でも手続きごとに必要書類が違って準備するのが大変なんですよね。

ここではビジネスローンを借りる際に必ず用意しなければいけない書類を調べてみました。

①運転免許証などの本人確認書類 ②決算書や確定申告書基本的にはノンバンク系のローンではこの2点があれば申込審査が受けられますが場合によっては、終始計画書などの書類を追加で求められます。

ローン会社によっては決算書不要という会社もあるようです。

銀行融資の場合にはこれ以外に貸借対照表などの様々な書類が必要になります。

また、銀行と初めて取引を行う場合は会社の案内書などが必要になります。

佐賀県有田町の方向け運転資金借入お役立ち情報

運転資金の借入するなら

佐賀県有田町で運転資金借入すぐ借りたいなら