運転資金借入

運転資金借入おすすめ第1位

トップページ > 茨城県 > 鹿嶋市 > ベンチャーで借りる

「銀行審査通らない!」
「急ぎで運転資金が必要!」
「資金ショート対策に!」


と緊急で運転資金が必要な方に!

当サイトでは、茨城県鹿嶋市にお住まいの事業者の方に、今一番選ばれている人気のビジネスローンを紹介しています。

まず最初に、緊急で借りれる借入先を比較・調査した上での結論をお伝えします。

一番おすすめなのは「ビジネクスト」です!

今、ビジネクストが多くの事業者に選ばれている理由は次の6つです!

  • 最短即日のスピード審査可能
  • 審査通過後の翌日融資OK
  • 担保・保証人が不要
  • 限度額は最大500万円までOK
  • 24時間入出金が可能で便利
  • スマホ・WEB申込で手続きが簡単

と大変便利で活用しやすい運転資金借入サービスとなっています。

「手持ち資金の残りが心許ない!」

「つなぎであと少し資金が必要!」

「支払期日が迫っている!」

というビジネスの窮地にしっかりと対応してくれます。

「他の銀行や信用金庫に融資を断られた」という方でもひとまず申し込みしてみることで融資可能かどうか審査してくれます。

保証人なしで担保もいらない上に、無利息キャンペーンなども行われていますのでぜひチェックして下さい。

借入限度額に関しても50万円~500万円までと大きく、申し込みから融資まで来店不要という点も全国の事業者に選ばれている理由です。

\審査に自信がない方におすすめ/
今選ばれているビジネスローン

無担保・無保証で借入できる!
評価限度額金利
★★★★★1~1000万円8.0%~18.0%
  • 来店不要で便利!
  • 使用用途は事業資金の範囲内で自由に使える!

【スピード診断あり!確実に審査通過したい人に】
ビジネクストは簡易審査があるので「審査が不安」と言う方はお試しで診断することが可能です。実際の申込の流れは、スマホやパソコンから申込後、担当者より仮審査の連絡後、必要書類を提出して本審査があり審査に通れば契約してお金を借りるという流れになります。借入・返済も銀行やコンビニATMからできるため利便性が高く使いやすいのが特徴です。


最短即日のスピード審査が魅力
評価限度額実質年率
★★★★☆50万円~500万円6.0%~17.8%
  • 担保・保証人が不要!
  • 申込から融資まで来店不要
  • スマホ申込で簡単手続き

【さまざまな資金ニーズに対応】
運転資金、急な資金不足への備え、つなぎ資金、など、幅広く使えます。

【来店不要!】
お手持ちのスマホやパソコンからお申込ができます。ローンカード発行手数料も無料でコンビニATMから入出金ができるのでとても便利!スピーディな融資を望むお忙しい事業主の方に特におすすめです。

運転資金借入まとめ

結論!全国で無数にあるビジネスローンを徹底的に比較・検討した結果、当サイトでの一番のおすすめは、
ビジネクストとなりました!業者としての信頼性はもちろん、スピーディな融資対応とコンビニATMの利用や来店不要など便利で使いやすいのが最大の魅力です。急ぎの運転資金借入を検討している方はココに決めて正解です。

茨城県鹿嶋市の方向け運転資金借入Q&A

「銀行で事業資金融資断られた!」
「運転資金が足りない!」
「急ぎで追加融資を検討中」

・・・というビジネスのピンチにとても助かる運転資金借入ですが、初めて利用するので勝手がわからないという方や審査に通るかどうか不安という方もあるでしょう。

こちらでよくある質問と答えをご紹介しておりますので是非参考にしてくださいね。

Q.比較について。運転資金借入どこがいいのか迷います。どこを見て比較すればいいですか?

A.金利と信頼度と利便性に注目しましょう。

「金利がとても低いらしい。」「甘い審査ですぐ通るらしい。」「今日今すぐお金借りれるらしい!」と、目先のことだけで業者選びをしてしまうと悪徳業者に引っかかってしまう心配もあります。運転資金借入業界には信頼のおける優良業者も多数ありますが、ブラックまがいの悪徳業者も潜んでいます。金利はなるべく安いほうが返済の時に良いですが、返済がコンビニATMでできたり担保や保証人なしなどの利便性も重要です。また、急ぎで借りたいという場合も多いでしょうからスピーディに借りれるかどうかという点も抑えておきたいですね。当サイトでの人気ナンバーワンの
ビジネクストは金利・信頼度・利便性とスピード融資どれも兼ね備えていますので、おすすめできると思いますよ。

Q.運転資金借入申込に必要な書類は?

A.法人か個人かにより必要書類は少し違いがあります。詳しくは・・・。

例えばビジネクストの場合を例にみてみると、法人と個人事業主とで用意するものが違うようです。公式サイトから少し引用してみますと、

●法人のお客様
・代表者の本人確認書類
・登記事項証明書(履歴事項全部証明書)発行後3ヶ月以内のもの
・印鑑証明書(法人・個人のもの) 発行後3ヵ月以内のもの
・決算書(原則直近2期分)等

●個人事業主のお客様
・事業主本人確認書類
・印鑑証明書(個人のもの) 発行後3ヵ月以内のもの
・確定申告書(原則直近2年分)
・当社所定の借入計画書 等

と、このようになっております。参考にしてくださいね。

Q.運転資金の借入で即日融資は可能ですか?

A.一番人気のビジネクストなら・・・。

個人差はありますが、当サイト一番人気のビジネクストであれば、審査は最短即日、融資は審査通過後翌日には可能とのことです。業界でも最短レベルのスピード融資です。本当に困っているのでできるだけ審査時間が早いところで借入したいという方も多いことでしょう。もしお急ぎなら
ビジネクストをおすすめします。

Q.担保なしで借りれる運転資金借入や事業者ローンがあると聞きました。なぜ担保なしで借りれるのですか?

A.銀行系ではなくノンバンク系で無担保融資を実施している業者が多いようです。

確かに当サイトでも人気の運転資金借入業者「ビジネクスト」「ビジネクスト」でも無担保融資を実施しています。 いずれもノンバンク系の運転資金借入で、他の第三者の保証人を立てる必要はありません。なぜ担保なしで借りれるのか・・・というご質問ですが、こちらは事業主個人の信用と金利の高さに関係があると思われます。個人向けカードローンと同率くらいの金利はかかりますのでできるだけ短期返済をするようにしましょう。

茨城県鹿嶋市の借り入れはこちら

株式会社常陽銀行/鹿島東支店
〒314-0031 0299-82-8211
茨城県鹿嶋市大字宮中2013-8
株式会社常陽銀行/鹿島支店
〒314-0031 0299-82-3511
茨城県鹿嶋市宮中1丁目10-12
株式会社筑波銀行/鹿嶋南支店
〒314-0033 0299-82-7211
茨城県鹿嶋市鉢形台1丁目1-10
株式会社筑波銀行/鹿嶋支店
〒314-0033 0299-82-7211
茨城県鹿嶋市鉢形台1丁目1-10
佐原信用金庫/鹿島支店
〒314-0031 0299-82-3411
茨城県鹿嶋市宮中1丁目8-21
水戸信用金庫/鹿島支店
〒314-0031 0299-83-9611
茨城県鹿嶋市宮中5丁目4-1
水戸信用金庫/大野支店
〒311-2215 0299-69-4111
茨城県鹿嶋市大字和707-10
銚子信用金庫鹿島支店
〒314-0031 0299-82-4521
茨城県鹿嶋市宮中1丁目9-30

運転資金借入の基礎知識コラム

何かしらの手続きをする際に必要なものといえば何を思い浮かべますか?ほとんどの方は提出する書類を思い浮かべるのではないでしょうか。

でも手続きごとに必要書類が違って準備するのが面倒なんですよね。

ここではビジネスローンを借りる際に必ず用意しなければいけない書類を調べてみました。

①マイナンバーカードなどの本人確認書類 ②決算書や確定申告書基本的にはノンバンク系のローン会社ではこの2点があれば審査が受けられますが場合によっては、事業計画書などの書類を追加で求められます。

ローン会社によっては決算書不要という会社もあるようです。

銀行融資の場合にはこれ以外に貸借対照表などの様々な書類が必要になります。

また、銀行と初めて取引を行う場合は会社の案内書などが必要になります。

中小企業における設備投資など短期的に融資が必要なときに利用するのが事業者向けローンですがそもそもビジネスローンとはどういった制度なのでしょうか。

一般的なカードローンは消費者を対象にしており、利用目的は基本的に自由となっていますが事業目的に使用できません。

一方でビジネスローンは事業者だけを対象にしたものになります。

事業目的の資金繰りと聞くと銀行融資をイメージする方も多いと思いますが資金が必要な時間が近くなっている方にはノンバンク系の金融機関をお勧めします。

ノンバンク系の多くの金融機関では担保が原則不要となり申し込みタイミング次第では即日融資が可能なところもあるくらい対応が早いです。

融資で資金調達をする際に最も重視するのはどの部分でしょうか。

それは金利です。

できることなら低金利で融資を受けたいですよね。

そこで、今回は金融機関による金利の相場を調査してみました。

政府系金融機関の融資を受ける場合は、担保がなくても2%前後、有担保での融資になると1%台での融資も行われるようです。

一般的に融資と聞いて想像する銀行融資では三菱UFJ銀行ビジネスローンの場合、限度額5000万円で年2%台からと低利子ですが銀行融資では基本的に担保が必要になります。

最後に、銀行期間ではないノンバンク系のローンの場合は最低6%から最高18%と幅がとても広くなっています。

世の中に色々なビジネスローンがあります。

その中には、一般的に思い浮かべる銀行系のローンやクレカで有名なオリコなどのノンバンク系のローンもあります。

ここではノンバンク系のローンの申し込みの流れを確認しましょう。

まず最初に提出する書類を確認しましょう。

多くのノンバンク系ローンで必要なのが決算書です。

決算書以外ではローン会社ごとに商業登記簿謄本の提出が必要な場合もあります。

これらの書類が揃ったらあとはネットで申し込むだけです。

インターネット申し込み時には本人確認書類が必要になるので忘れずに用意しましょう。

審査期間については最短で即日ととても早いローンもあるようです。

日頃、生活していると、広告などでビジネスローンのビジネクストというようなキャッチコピーをよく見たり聞いたりすることが多いです。

こういったキャッチコピーはなんとなく語呂が良いのもが多く、頭に残ってしまいますよね。

キャッチコピーとキャッチフレーズは同じという人もいますがキャッチコピーとの使い分けではどのような部分なのでしょうか。

調べてみたところ、対象の心に訴えかける文句という意味ではほとんど一緒のものと捉えても良さそうですが厳密にはその言葉が使われる目的による定義があるようです。

キャッチコピーは広告などの宣伝目的に限定されたもの、キャッチフレーズは人の心を動かす言葉と営利目的以外も含まれるそうです。

ビジネスローンを利用して資金を集めた方の中には今借り入れしているローン会社よりも低金利のローン会社を見つけたから借り換えを考えているという方もいるのではないでしょうか。

ただ、そういった行為ができるのかわからない方もいると思いますので調べてみました。

結論から言うと金融機関から他の金融機関への借り換え行為はできますのでご安心ください。

どういうことかというと、事業者向けローン制度は使用目的が自由なのでA社からの借入金を他のB社やC社から借り入れたお金で支払いしたところで金融機関A社からすると完済してもらっただけということになります。

金利軽減を考えると銀行融資や公的融資からの乗り換え時に有効と言えそうです。

同じように銀行融資からの借り換えや銀行融資への借り換えもできます。

世の中にビジネスローンは多くありますが正直、審査内容の基準や仕組みなどがどうなっているかわからずどのローンを使えば良いか迷ってしまいますよね。

口コミなどから評判などを調べてみました。

一例として、アップスを利用した人の口コミでは、「朝一番で連絡をして翌日には融資を実行してもらえた。

」という方や赤字決算になってしまい融資が必要なときに資産と収益、総借入額などを評価してもらって希望額を借入できたという評判がありました。

他にも、顧客の大半が従業員3名以下の小規模企業ということがわかるなど迷った際は実際に利用した人の口コミも参考にしてみてはいかがでしょう。

事業者の方の中には、うまく事業が回らなくて赤字決算になってしまった、なってしまいそうなのでビジネスローンで資金集めを考えている方もいるのではないでしょうか。

そこで知りたいのが赤字決算でも審査に通るのかということです。

ローン審査の仕組みでは利益が出ている企業の場合その利益から毎月の返済ができると判断され融資が決められるのですが赤字の場合利益が出ないのでもちろん審査に通りにくくなります。

しかし、赤字決算でも審査に通る可能性がある場合もあります。

例えば、減価償却費による赤字や天災などによる特別損失による赤字の場合です。

他には売掛け債権など十分な担保がある場合や決算書提出不要のローンの場合です。

事業を始める際の資金繰りで強い味方であるビジネスローンですが様々な機関が行なっていてどこを選べばいいかわかりにくいですよね。

各ローンごとに利率も違うので借りる時期などでどのローンを使うのかを把握しておくことが大切です。

すぐに資金を集めなければいけない場合におすすめなのがプロミスなどが行なっているノンバンク系のローンです。

ノンバンク系のローン商品ではほとんどの場合において無担保での融資になるため金利が6%?18%の間に設定されています。

逆に、半年後のことを見越して借りたいなど時間に余裕がある場合では銀行融資がオススメです。

担保は必要になりますが金利が2%台からと低めの数字に設定されています。

最近、フリーランスや個人事業主など大企業に比べて規模の小さい事業を行ういわゆる「スモールビジネス」が増えています。

市場におけるスモールビジネスの割合は高いですがやはり資金面は大企業に比べると不安定になりがちです。

実際に2009年から2014年にかけて中小企業は39万社も減っており、中でも小規模事業者の廃業が目立つそうです。

小規模の会社では発注予算が足らないなど短期間での融資のニーズが多く、特にbusinextはスモールビジネス向けローン会社としては最大手とされています。

ビジネスローンを利用する理由を見てみると担保が原則不要といったことや書類の提出から融資までのスピード感が理由のようです。

茨城県鹿嶋市の方向け運転資金借入お役立ち情報

運転資金の借入するなら

茨城県鹿嶋市で運転資金借入すぐ借りたいなら